天草市 としなが歯科・矯正歯科のインプラント治療

1000implant.jpg

【インプラント】

審美的に優れているだけでなく機能的にもたいへん優れた人口歯です。会話や食事の時など、あたかも自分の歯のように自然で安心感があります。

 

1000implantillu.jpg

 

インプラント(デンタルインプラント)とは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単に外れないように、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。

 

 フラップレス術式とは? -Flapless Implant Surgery-

としなが歯科・矯正歯科では、インプラント手術の方法として「フラップレス術式」を採用しています。フラップレス術式とは、メスを使っての歯肉の切開や剥離、そして縫合をしない手術方法のことです。インプラントの手術を行う前に精密検査を行ない、コンピュータシミュレーション設計によりインプラントを埋め込むのに最適な位置の決定をします。その上で、その位置に正確に、歯肉を切開することなくインプラントの植立を行う手術法です。
ただ、フラップレス術式による施術を可能とする条件として、インプラントを埋め込む位置に十分な量の、良質な骨があることが必要です(施術部位に骨量が足りない場合に、それを再生させる治療法「PRGF」について、別ページでご説明しています)。

フラップレス術式には、次に述べるように様々なメリットがあります。

1000flapless1.jpg
 【フラップレス術式】

 

1.メスで切開しないため、出血が少なく、術後の腫れや痛みが大幅に軽減できる。
2.審美性が向上、手術時間が短縮され、歯肉の治癒が早い。
3.治癒にかかる期間が短縮し、来院回数の低減、早期の機能回復が可能。

 

 このように、フラップレス術式には多くのメリットがありますが、特筆すべきは、一定の条件を満たせば即時機能(インプラント埋入直後に仮歯を装着、咀嚼機能を回復させる)も可能な治癒期間の短さでしょう。また、メスで切開したり、縫合をしたりせずに済む(※2)ことで、心理的な負担も軽減され、インプラントはしたいが、一般に行なわれているインプラント手術が怖くて、今までできなかったという患者様にもインプラント治療の道を開く方法でもあります。

このように、フラップレス術式は患者様にかかる様々な負担を大きく軽減させるインプラント療法なのです。

 

一般的なインプラント手術(2回法) -two stage methods-

次に、一般的に良く行われているインプラント手術である「2回法」について、簡単にご説明いたします。「2回法」を採用されるドクターが多い理由は、治療のステージを2回に分けることによる成功率(定着率)の高さにあると言われます。

  1. インプラント本体を、数ヶ月間、粘膜の下に荷重をかけずに置いておく事により、骨とより強固に結合させる。
  2. 定着の確認後、粘膜を貫通させ、インプラント本体にアバットメントと呼ばれる支持棒を装着、その上に補綴物(人工の歯)を装着する。

このように2回に分けて治療することから、2回法と呼びます。

その手術は大体、次のように行なわれます。
(1)麻酔をした後、インプラントを埋め込む部位の歯肉をメスで切開します。
(2)歯肉を剥離して顎骨を完全に露出させてから専用ドリルで骨を削ります。
(3)インプラントを埋め込んで歯肉でふさぎ、縫合します。
(4)約3~6ヵ月後に歯肉を切開して土台を立て、最終的な歯を装着します。
その後は、フォローアップとメンテナンスをしていくこととなります。


1000-2stagemethod.jpg

 

上述の「フラップレス術式」を当医院で採用する大きな理由は、患者様にかかるこれらの大きな負担をできるだけ減らしたいからです。
さて、多くのドクターに採用される2回法ですが、メスを使って歯肉を切開したり剥離したりする必要があり、腫れや疼痛が起こりやすい、最終的な歯の装着までに長期間要するなど、患者様にかかる負担も大きく、インプラントはしたいがなかなか踏み切れないという方もいらっしゃいます。

 

インプラントの長所 -Advantages in Implant treatment-

審美性が高い

審美性が高いインプラントをすることで歯並びやかみ合わせを治し、食事やおしゃべりなどの様々な機能の回復を図ることが出来、また、 白い歯、顔や表情と調和した美しく健康的な笑顔を取り戻すことができます。
本来の自分の歯に限りなく近く仕上げることが可能ですので、口元の審美性を大切にされる方に、老若男女にとらわれることなくお薦めしたい治療法です。
 

違和感が少ない

インプラントは、天然歯と殆んど変わらない感覚を再現することが可能です。
 

良く噛める(消化器官の負担軽減)

インプラントは強い力が加わっても安定しています。硬いものでも餅のようにくっつきやすいものでも良くかんで美味しく食べられます。 ちなみに、入れ歯では自分の本来持つ噛む力の6分の1も出せません。胃腸等の消化器官に負担がかかるのは明白です。インプラントは本来の噛む力を回復し、消化器官の機能を本来の状態に戻すことが出来ます。
 

味覚が低下しない

入れ歯では粘膜の面積が減る、良く噛めない、などの理由で味覚が低下してしまいますが、インプラントは大丈夫です。
 

話しやすい

しっかり咬み合わせを調節する事によって話しやすくなります。
 

耐久性が高い

入れ歯は5年、ブリッジは7年といわれるのに対し、当医院でのインプラントは10年生存率がおおよそ95%以上と思われます。ただし、患者様の健康状態、顎骨の状態、正確な位置・角度への埋入、インプラントの材質や形体、装着する義歯の質、メンテナンスの有無などによって寿命は全く異なってきます。
 

老化防止に役立つ

アンチエイジング医学では、老化を病気のひとつと考えます。ですから、治療方法、予防策が考えられています。きちんと予防すれば老化のスピードを遅らせ、いつまでも若々しく、元気な身体をキープすることができるのです。その方法のひとつとして、「脳内の血流量を増やすこと」があげられます。
老化防止に役立つ近年の研究で、高齢者が咀嚼運動を行うことにより前頭前野が活性化されることが明らかになっています。噛むと咀嚼に関連する筋肉の血流が増し、その余分が脳に回ることで脳の血流量も増し脳が活性化されるのです。
ただし、しっかりと噛むことのできる自分の歯や、顎骨にしっかりと植立されたインプラントでないと、その効果は期待できません。取外しのできる入れ歯では、脳に情報を伝え活性化させるための筋肉や神経に十分に刺激を与えることができないからです。インプラントを使うことの有意性はこのようなところにもみられるのです。
さあ、老化を防止し、いつまでも若々しく、何でも食べられる喜びを感じることのできる人生を送りましょう。

 

インプラントの基礎知識 -Basic knowledge of Dental Implant-

はじめに

心臓ペースメーカーや骨を固定するボルトなど、医療目的で体内に埋め込まれる器具を総称してインプラントと言いますが、当医院は歯科ですので、当サイトでは、デンタルインプラント(歯科インプラント)に限定してご説明することとし、デンタルインプラントを単にインプラントと呼ぶことにします。
 

インプラントとは?

欠損した歯の機能を代用させる目的で顎骨に埋め込む人工的な物質をインプラントと言い、現在ではその素材として広くチタンが使われています。チタンが多く使われる理由は、チタンと骨の組織が拒否反応を起こさず結合する(※1)性質を持つためで、これはスウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク教授(ルンド大学)によって発見されました。このように骨と結合しやすいチタンやその合金などを使って、自分の歯を完全に失った箇所に人工的に歯根を植立し、それを利用して歯を再建する治療法です。

(※1)これを「オッセオインテグレーション」と言います。
 

インプラント略史

後にヨーテボリ大学に移籍したブローネマルク教授は、1965年に純チタンを使って歯科領域においてインプラントの臨床応用を開始。最初の患者の上下顎にインプラント手術を行ないました。そのインプラントはその後彼が亡くなるまで41年間問題なく機能していました。しかし、当時はまだインプラントが普及するには至りませんでした。本格的に普及し始めたのは1982年にトロントで行なわれたデンタルインプラントのコンセンサス会議以降で、まずは、北米を中心に広がっていきました。その後、インプラントは様々な改良が重ねられ、今日に至っています。

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
0964-56-3113

epark_.png